読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

これからの時代は自分の価値を他人に与える時代が来るという予想。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170503104501j:plain

最近はたくさん読書をしているが、その中で考えることは、これからの時代は今までの時代に比べてますます自分の価値を他人に与える時代になっていくんだろうなぁということである。

 

これまでの時代は主に良い企業に就職し、その組織の一員としての責務を果たせばよかった。自分の入社した企業には定年までいるのが普通であり、それこそが素晴らしいことだとされてきた。

 

しかし、今の時代は自分の肌に合わないなと感じたり、スキルアップの名目のもと、転職をしたり、そのまま会社を辞めてフリーランスとして働く人も出てきた。

 

Twitterを筆頭とするSNSによって、彼らの存在はより、広範囲に知られてきた。

 

 

「会社を辞めるなんてありえない」とか、「フリーランスなんて馬鹿げてる」という人たちはたいていは僕の親世代だ。

 

30代後半~の人たちに多い。彼らは良い企業に入ること=安泰だと思っているし、そこで勤めぬいて役職をひたすら上げ、年収を上げていくことが正しいと思っている。果たしてそうなのだろうか?

 

Twitterで気づいた、会社勤め=安泰のウソ

Twitterが普及してきたおかげで、幅広いツイートを見ることができるようになった。

 

年齢も職業も異なる人たちのツイートを見ていると楽しいが、その中で、「仕事が楽しくて楽しくて仕方がない!」という人たちはあまり見かけない。

 

「会社で新人がこんなことをしていて本当に無理

 

とか、

 

「マジで今の仕事辞めたい。楽しくない。ほんとあの上司どこか行かねえかな」

 

というニュアンスのツイートを見かけることの方が多い。

 

仕事楽しい!というニュアンスのツイートをしているのは大体は経営者なんかに多い。それと、稼いでないのに稼げてますオーラを出してるクソかどっちか。

 

クソは本当にクソなので、フォローもしない方が良い。DM来たら即ブロック。徹底して排除しておこう。

 

さて、話は変わるのだが、今の世の中、少子高齢化が進みつつある世の中で、若者1人当たりの負担は確実に増大してきている。そんな中で、年金制度は崩壊せずに続いていくだろうか?

 

おそらくそんなことはないだろう。

 

そして今の会社勤め=安泰だと思っている人たちは、仕事を辞めてから初めてヤバいということに気づくだろう。年金制度が崩壊だ。自分の手元にあるのは退職金のみ。これを切り詰めていくしかないのかと。

 

そうすると、何とかしてお金を稼ごうとし始めると思う。あるものはアルバイトで雇われ、そしてあるものはネットを使って稼ごうとするだろう。

 

アルバイトで雇われる人は年をとってもずっと労働者から抜け出せないし、ネットを使って稼ごうとしても、そもそもそのような知識がない。

 

今まで会社勤めしか知らず、さらには自分で価値を生み出して、それを提供するということを知らなかった人たちがそんなことができるわけがない。

 

そこに怪しいビジネスの話が吹き込まれるわけだ。「これをすればおじいちゃんでも1日で5万円稼げますよ」というような。退職金が出たばかりだから、そういうのを買っちゃうわけだ。

 

でも、結局クソみたいな内容だから稼げない。で、また新しい教材を探す→買う→稼げない→また買う・・・の無限ループ。

 

気付いた時にはお金も友達もいない・・・。

 

なんてことが実際に起こっているのだ。会社勤め=安泰なんていう時代はほとんど終わっているに等しい。変化に気づけないものは淘汰され、変化に順応できないものも淘汰される。

 

Twitterで様々な人のツイートを見てみるとよい。不動産や株などの投資に自分の資金を回し始めている人も増えてきている。副業を始めている人も増えている。

 

確実に会社勤め=安泰などと言う時代は終わってきているのだ。会社の体力がまだ残っているうちになんとか自分の資産を増やしていくべきだろう。そして勤め人からさっさと抜け出してしまうことが一つの鍵であろう。僕はそう考える。

 

自分の価値を他人に与える=これからの時代の在り方

f:id:s-snowdrop-find-my:20170503112206j:plain

あなたがもし一人暮らしをしているとしたら、どうやってその部屋を選んだだろうか。

 

多分、値段とか立地とか、部屋の広さとか、そういう感じのことで選んだと思う。

 

住む

 

という目的のもとなら極端な話、月1万円の格安マンションでも、月10万円のマンションでも良いわけだ。どちらも済むことは可能だから。

 

しかし、駅まで遠いから通勤に不便とか、部屋が狭いから置きたいものが置けないとか、様々な要因が複雑に絡み合ってくる。

 

それらの問題を解決できる部屋が値段に反映され、価格も高くなる。

要するに、価値のある部屋は価格が高いということだ。

 

分かりやすく言うと、部屋は自分の価値を購入者に与える代わりに、その対価としてお金を払ってもらってるという話なわけである。

 

で、僕が言いたいのは、これと同じことを個人レベルでやっていかなければいけない時代がこれから来るよっていうこと。そして、それこそがこの時代の在り方であって、これからの時代を生き抜いていく術になるんだよということだ。

 

noteココナラに代表されるように、個人が自分の持っている価値をどんどん発信して、価値を他人に与える時代が始まってきている。

 

価値を享受するだけの人は、そこから自分も何かを生み出していかなければ一生搾取され続けていくだけだろうし、今後、発信する側とROM専(受け取るだけの人)の2極化はますます進んでいくだろう。

 

同じ大学生でもかなりの差がついていくと僕は考えている。

 

意識高い大学生かよwwwなんて馬鹿にしているやつを10年後、20年後に思いっきり見返してやるのが僕の一つの目標でもあるのだが、この存在を知っている、もしくは知らないというだけでも差がつく。

 

自分の価値について1度真剣に考えた方が良い。そして、自分の価値を他人に与える手段を本気で考えた方が良い。

 

時代の変革は近づいてきている。

【書評】ダイレクト出版のインターネットビジネスマニフェストを読んでみた。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170427173050j:plain

インターネットビジネスマニフェストって知ってますか?

 

これです。

http://directlink.jp/tracking/af/1478074/ab00CDiV/

 

ブロガーの方だったら多分知ってると思うのですが、keitaさんという方がいらっしゃいます。そのkeitaさんという方がこの本を薦めていたので、注文して読みました。

 

内容についての感想は、「読んでよかった」と思います。

 

多くの人がチャンスをいつまでも待っている

f:id:s-snowdrop-find-my:20170427174904j:plain

多くの人が、いつまでもチャンスを待っています。そして、「チャンスを待て。そのチャンスが来た時に全力で行動するのだ」と教えられます。

 

皆さんはいい子なので、その通りにチャンスを待ちます。そして、そのチャンスがきた!と思った時に全力で行動するのです。

 

でも、これでは成功できません。これは僕が見ただけではなくて、この本の作者もそういっています。「このような人は成功をつかめない」と。

 

成功する人はチャンスが来たら積極的に動こうとするような人ではなくて、「戦略的に行動できる人」だと述べています。

 

自ら戦略を立てて、それに沿って行動できる人だと。チャンスを与えられるのを待つのではなく、チャンスを作り出せる人なのだと述べています。

 

自分のやろうとしてるビジネスはあなたの強みを活かせているか?

あなたは、「自分の強み」と聞かれたら何を想像しますか?ほとんどの人は即答できないはずです。僕も咄嗟に聞かれたら答えられないと思います

 

強みとは、

 

生まれ持った才能+経験+教育+技能=強み

 

なのだそうです。

 

これは僕も知りませんでした。

 

しかし、この考え方に当てはめると、僕が今までやってきた野球というのはこれにうまくあてはまると思います。

 

才能+経験+教育+技能=強み。

 

全部野球に当てはまります。

 

そう考えると、野球の家庭教師を始めたのはだいぶ理にかなっているなと感じたわけです。だってこれらの項目をすべて満たしていますから。そりゃやらなきゃだめだなと思ったわけです。

 

それと同時に、これらの強みに対して、情熱を注げるかどうかが大事です。その仕事を情熱的にできないようであれば、あなたがそのビジネスを続けたとしてもうまくいかないだろうと述べています。

 

そのビジネスに信念を持って取り組めるのか。そういうところが大事なのだと今一度再確認させられたような気持ちになりました。

 

まとめ

自分自身が情報弱者になりたくなかったら、絶対に1度は読んでおくべき本だと思いました。大学に入ったら、情弱を狙って様々な人たちが声をかけてきます。

 

そういう人たちに騙されないように、自ら学んで、判断していく必要があるなとこの本を読んで再確認しました。

 

http://directlink.jp/tracking/af/1478074/ab00CDiV/

 

今なら送料のみ負担で、3000円→0円になってます。

大学生活で絶対にGritを身につける。努力と根性はむしろ大歓迎。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170427103952j:plain

さぁ、もう少しでアルバイト以外でお金を稼ぐ!と決めてから1か月が経とうとしている。

 

実際にいくらくらい稼げたのかは先日記事にした。

www.dokusyosensei.site

まだまだ足りない。もっともっと稼いでやる。

 

話は変わるが、最近、この本を読んでいる。

 Gritというのはいわばやりぬく力のことだ。言い換えれば、努力とか、根性なんていういい方もできるかもしれない。

 

このGritは4つの構成要素からなっており、

 

1、Guts(度胸)

 

2、Tcnacity(執念)

 

3、Resiience(復元力)

 

4、Intiative(自発性)

 

この4つを鍛えることで、Gritが鍛えられ、身につくというものである。

 

この本の冒頭部分、導入にはマイケル・ジョーダンやスティーブ・ジョブズの話が書かれており、そこには、

 

~彼らは今でこそ優れた能力を持った人物であると書かれており、それらは共通項として世間に広く知られている。

 

しかし、彼らが元々はどこにでもいるような普通の少年であり、平凡な家庭に生まれ、普通に育ってきたということはあまり知られていない・・・~

 

といったような書き出しから始まっている。

 

そして彼らが優れていたのがGritだったということだ。

 

Gritを自分自身に身に着ける

f:id:s-snowdrop-find-my:20170427111658j:plain

僕自身、野球を通じてこのGritの大切さはよく理解しているつもりだ。しかし、それが実際の生活に活かされているかと言ったらそんなことはないと思う。

 

野球においてはGritをよく理解し、実行していたとは思うが、実際の生活、人生においてそれができていたか?と言われたら、できていない。

 

他の人のブログ記事を読んでも行動しなかったり、やるべきことを後回しにしてしまうことが良くある。でも、それじゃだめだ。

 

もっと自分自身にはっぱをかけて行動していくべきだと思うし、大学生という時間がある中に生きているのだから、もっともっと自分の能力に磨きをかけていくべきだと思う。

 

たまたまお話させていただいた社長さんがとても良いことを言っていたのを思い出した。

 

「学生とは、学んで生きると読む。また、生き方を学ぶとも読める。」

 

「学生という時間は、先生という、先に生を授かって先に生きている先人から、生き方を学ぶ時間なのだから、自分がこれからどのようにして生きていきたいのかをしっかりと明確にしなさい。」

 

と言われたのを思い出した。

 

僕は自分に余裕ができるくらいにお金を稼ぎたい。結局今の世の中で上に上がっていくためには人とお金が必要だ。

 

自分がやるかやらないかというだけの話である。Grit。やってやる。

人に価値を与えたら関係性ってちゃんと築けるんだなって実感した話

f:id:s-snowdrop-find-my:20170425225844j:plain

実は僕は居酒屋でアルバイトをする以外に、野球の家庭教師もしている。

 

今は3人の子を受け持っているのだが、1件はきちんと会社に雇われてアルバイトという形でやっている。

 

他の2つは、自分で募集をかけて教えている子たちである。

 

近頃は冬ということもあり、ちょっと遠ざかっていたのだが、最近暖かくなり始めてからLINEが届くようになった。

 

「またお願いできますか?」

 

という趣旨のものだった。

 

僕自身、やるからにはきちんと結果を出してもらいたいと思っていたし、ちゃんと僕なりに価値を与えたい!と思っていたので、また教えてほしい!というLINEが来るのは嬉しかった。

 

しかも、教えている子全員から来たのである。僕は雇われているわけではないので、そこに強制力など発生しない。

 

相手が「もういらない」と思ってしまえばそこで終わりの関係だ。案外あっさりしていると思う。

 

しかし、そんな中でもう半年以上が過ぎ、その中でもまだ関係を保てている。しかも、自分の足で契約をとってきた人たちとだ。これは自分の自信になる。

 

結果は一応出させたつもりではある。生意気な言い方かもしれないが、自分なりにきちんと結果は出させた。

 

中学1年生の子は1年生ながら5番打者としてレギュラーを勝ち取り、この前の試合では7打数6安打を放ってくれた。

 

もう一人の子は小学校6年生だが、3番キャッチャーとして市内選抜に抜擢されていた。そこでホームランを打ったそうだ。

 

最後の一人は、中学から野球を始めた子なのだが、ベンチ外から今では4番ファーストでレギュラーの座を獲得した。すごいことである。

 

僕自身が元々超下手くそだったところから全国大会に4番打者としてベスト16まで言った経験もあってか、下手くそだろうがなんだろうが、人は変われるのである。やる気があるのかないのかの差だ。

 

中学校3年生の元旦の日に素振り3000回やり遂げた中学生がはたしていただろうか。あれは今でも僕の自信となっている。

 

そういった経験から自分が得た学びを、自分よりも小さい子たちに教えられるというのは楽しいし、自分も多くの学びを得ることができている。

 

そこで僕自身がきちんと価値を与えられているから、こうやって「また教えてください!」って言ってきてくれるのかなと思った。

 

関係性はしっかり築くことが大事なのだと思った。そして、価値をきちんと提供すれば、リピーターになってくれるんだということも再認識した。

 

僕自身が教えることで得るものと、相手が得るものの総和をもっともっと増やしていきたいと思った。それに、もっともっと周りを巻き込んで活動ができたらいいなと思った。

 

長い長い付き合いができるように、僕自身ももっと頑張っていきたいと思う。

 

がんばれ俺!

 

 

【2017年4月25日現在】アルバイト以外で得た収入内訳を公開+考察しようと思う

f:id:s-snowdrop-find-my:20170424163838j:plain

 アルバイト以外でお金を稼いでやる!!!と決めてから、あと4日で1か月が経とうとしている。正直、「アルバイト以外でお金を稼ぐのって普通に難しいなぁ」と思っている。

 

多くのブロガーさんたちは、「継続すれば結果は出る」と言っているので、継続すればブログからも収入が得られるのだということを自分の身をもって実感したいと思っている。

 

さて、僕が今日までの約1か月間でアルバイト以外で得た収入内訳を発表してみようと思う。

 

実際に収益を上げてくれたのはこちらの4つである。

 

・note

・GoogleAdSence

・ココナラ

・インフォトップ

 

である。

 

1つ1つを自分なりに考察しながら振り返ろうと思う。

 

note 5500円

まず初めに、noteである。これは自分でも正直驚いた。自分の発信に反応して購入してくれる人がいるのだということにも驚いたし、きちんとした内容を書けば、それが誰かの役に立つのだと実感した。

 

自分は少し結果が出ると満足してやめてしまう癖があるので、これは誰かが買ってくれたくれないにかかわらず、続けていきたいと思う。やっぱり大学生はnoteを書いて発信していくべきだと思う。

 

継続は力なりという言葉を信じて、noteはこれからも書き続けていこうと思う。

 

GoogleAdsence 746円

アドセンスは、ネット上でも「稼げる!!!」という人と、「稼げない!!」という人に分かれていて、1か月目の段階ではよくわからないといったのが正直な感想だ。

 

でも、自分がブログを書けば書くほどアドセンスの収入も上がっていくと考えたら楽しいのではないかと思った。アドセンスのページを開いて、収益が発生しているのを見ると楽しい。ただやはりまだまだ0円の日の方が多いので、これが少しづつ増えていくと嬉しいなぁと思った。

 

これはブログを継続することで増えていくと思うので、ブログをどんどん書いていこうと思う。

 

ココナラ 756円

ココナラは756円という結果だった。2人の方が自分のサービスを購入してくれていた。

www.dokusyosensei.site

ココナラでサービス出品してみよう!という記事を書いたが、いずれも大学で講義を受けているときに購入されていたので、サービスを作っておくことは資産になると思った。

 

これからもサービスを増やせたら増やしていこうと思う。

 

インフォトップ 1192円

インフォトップとは、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の1つである。そこで自分の紹介していた商品が売れた。その報酬が入ったのである。

 

これもアフィリエイトなので、自分がブログを続けている限りは購入される可能性があるということである。もっとしっかり本腰を入れていきたいと思う。

 

まとめ 合計8194円

合計の金額は8194円という結果だった。

 

これを多いととらえるか少ないととらえるかは人によって違うと思うが、最初の1か月目にしてはまぁまぁなのかなという感想である。

 

もっと「こんなことできたなぁ」とか、「これもっと伸ばしていけるはず」だというものも中にはたくさんあった。

 

そこを改善してもっと伸ばしていけるようにしたいと思った。やってやる。

あなたの知識がお金になる!大学生なら1回はココナラを使って知識を売るべき!

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421150940p:plain

以前に一度、ココナラのことを紹介したことがあります。

www.dokusyosensei.site

僕は以前にココナラで4000円ほど稼ぐことができていました。しかし、ココナラについて直接詳しい記事を書いたりはしていなく、「やってみたらどうですか~」というスタンスでした。

 

しかし、最近僕は、大学生こそ「自分で発信していく力」がこれから重要になってくると思います。個人としての「ブランド力」を身に着けるべき時代がすぐそこまで近づいてきているように思うのです。

 

ちなみに、また毎度ですが、僕の出品しているサービスはこちら。

彼女の作り方、女性との上手な話し方を伝授します 〜恋愛が苦手で、女性が苦手なあなたへ〜

これから、「ちょっと始めてみようかな」なんて思っている人の参考になれば嬉しいです。やっぱり恋愛系なのはオフレコです。

 

というわけで、じゃあまずはココナラってどうやって登録するの?

もし、ココナラに興味を持った方がいたら、初めて見るとよいと思います。

登録は簡単で、下のバナーをクリックすると、

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421152519p:plain

このようなページに行きます。

 

そうしたら、会員登録(無料)と書かれているところをクリックします。

そうすると、このような画面に行きます。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421153551p:plain

ここで、メールアドレスを入力すれば簡単に登録完了できます。

 

わずか簡単3ステップです。

 

ココナラってどんな種類のサービスが出品されてるの?

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421155927p:plain

じゃあ、ココナラってどんな種類のサービスがあるの?っていうのが気になると思うので、スクリーンショットを用意しました。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421160613p:plain

カテゴリは細かく分けたら200以上もあります。

 

代表的なカテゴリはこの12個です。

 

・占い

・似顔絵、イラスト

・美容、ファッション

・語学、翻訳

・恋愛、結婚

・動画、音声

・旅行、お出かけ

・IT、プログラミング

・子育て、教育

・文章、キャッチコピー

・グルメ、料理

・副業、アフィリエイト

 

これは代表的なものなので、実際にはもっと細かくカテゴリーごとに分けられています。これなら自分が提供できるサービスが見つかりそうではないでしょうか?

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421162701p:plain

具体的なサービスの例として、このようなものがあります。お悩み相談や、彼女になりきってあなたとメッセージのやり取りをします!何て言うものもあります。

 

なんでもサービスにすることができそうです。

 

ココナラの仕組みってじゃあどうなっているの?

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421162716p:plain

自分の知識をサービスとして出品されることで、たくさんの良いことがあります。

 

www.dokusyosensei.site

僕は、大学生こそ積極的に発信をしていくべきだと思っているので、ココナラはおススメです。そんな中で、「ココナラってどういう仕組みになっているの?」というところに興味を持つことも必要だと思います。

 

そこで、ココナラの3つの特徴と、その仕組みについて紹介したいと思います。 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421162730p:plain

まず、ココナラ3つの特徴として、これらのことがあげられます。

 

1、出品は無料

 

2、フォームに従って必要事項を記入するだけ

 

3、決済はサイトが仲介するので安心

 

この3つです。

 

これは、大学生には嬉しい特徴だと思います。始めるのにお金がかからず決められたフォームに従って必要なことを記入していくだけで簡単に出品ができ、そして、大変なお金の決済はすべてココナラがやってくれる

 

あとは、サービスが購入されるのを待つだけです。

 

大学生には嬉しい特徴だと思います。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170421162739p:plain

出品から、自分が実際にお金を受け取るまでの流れを示した図がこちらです。

 

得意を出品して、それが購入されたら、購入者の方とやり取りをして、相手に自分の出品したサービスを提供します。

 

そして、やり取り終了後、販売代金を受け取ります。

 

この4ステップです。しかも、あなたがアルバイトをしている間も、寝ている間も、サービスの購入は行われます。つまり、「1度作ってしまえば、あとは購入されるのをまつだけ」ということです。

 

これはすごくうれしいことだと思います。

 

まとめ

f:id:s-snowdrop-find-my:20170411233115j:plain

僕の周りには、たくさん才能を持った人がいます。カラオケが上手な人、英語が喋れる人、スポーツが得意な人に、料理が上手な子もいます。

 

それらを、「人のため」そして、「自分のため」に活かせるのがココナラの良いところだとおもいます。

 

僕ももっと「これほしい!」と思われるような魅力的なサービスを提供できるように頑張ります!

 

ココナラの登録はこちらから!

とりあえずまずは発信することから始めてみよう。大学生こそまずは発信してみること。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170420123606p:plain

これを見てもらえばわかると思うが、noteの売り上げが5000円になった。嬉しい限りである。お金儲けが目的ではないが、自分の経験と学びを元にした価値の提供から対価が得られるのは嬉しいものである。

 

ちなみに僕は恋愛系のブログを書いていて、noteの売り上げは恋愛系の内容が多くなっている。

 

宣伝っぽくなるのは嫌なのだが、興味がある方はこちらから僕のnoteを見ることができる。「あ、こんな感じなんだ」っていうのを参考までに感じ取ってもらえたら嬉しい。

 

noteを書く中で、「あ、大学生って絶対に自分から発信していくべきだな」と感じた。それには、いくつか理由がある。

 

自分が勉強したことや悩みを発信すると、誰かの役に立つ。

まずはこれだ。自分が勉強したことだったり、悩みを発信すると、誰かの役に立つ。この事実をまずは知ってほしい。

 

例えば僕だったら、中学生、高校生の時は壊滅的にモテなかった。今では彼女がいる身だが、当時は本当にモテなかった。

 

 

あまりにもモテなかったのだが、試行錯誤をした結果、今では複数の女の子から告白されるレベルにはなることができた。「キモい」と呼ばれていたのが、「かっこいい」と言われるまでになったのである。すげえ・・・と思った。

 

「今モテてない人も、この先絶対にモテることができる!!!」と確信した僕は、モテない人に向けてちょっとずつ情報発信を始めた。

 

そうすると、感謝されるのである。「pyui(僕のHN)さんのおかげで彼女ができました!復縁できました!」なんて言う声が届くのである。すごくうれしかった。

 

こんな僕でも役に立つんだなぁと思ったのが懐かしい。自分が勉強したことだったり、知っていることが他人の役に立つっていうことは結構ある。

 

僕は食事に関する知識とか、花とか子供に関する知識はよくわからない。でも、管理栄養士や保育士、花屋さんなんかを目指している人はそういう知識は人よりも詳しいはずだ。そういう知識が、誰かの役に立つのだ。

 

もちろん、適当なことを書いてはいけないが、まずは持っている知識を発信してみる。そうすると、誰かの役に立つ!ということを頭に入れておこう。あなたの知識を求めている人はたくさんいる。

 

自分の知識の幅、世界の幅が広がる。

僕は主に恋愛関係を勉強したり、お金稼ぎに興味があって、お金に関する事柄をたくさん勉強してきた。しかし、それはあくまでも「自分」しかいなくて、知識を自分の中に詰めるだけになってしまう。

 

自分しかいないから、その知識を放出させたり、実際に使う場所がないのだ。これはものすごくもったいないことだ。

 

自分の知識を使う場所ができると、知識の幅が広がる。そして、それに関する友達の幅も広がる。

 

そうなってくると勉強することは楽しくて、発信することも楽しくなってくる。こうなってきたら占めたものである。頭はよくなるし、インプットもアウトプットもできるから、どんどん賢くなる。

 

多くの大学生が大学でインプットしかしていない中で、アウトプットをすることができている数少ない大学生になることができる。「賢い」大学生になってほしいと思う。

 

アウトプットの対価として、収入を得ることができる

noteには、自分のnoteを有料化することができる機能が備わっている。市場における需要とあなたの提供するnoteが上手にマッチすれば購入されるだろう。

 

もちろん、内容に価格、ぞして自分の影響力なんかも考慮される。しかし、だからこそそこにチャレンジするのは面白いと思う。そして、自分の提供に対して報酬が得られた時の喜びは何とも言えない。

 

アルバイトで稼いだお金とは違う喜びがそこにある。

 

この、「すべて自分で稼いだ喜び」を1度味わってほしいと思う。それがあなたを活性化させるだろう。

 

 

まとめ

大学生こそ、自分からどんどん発信していくべき!発信したからこそ学べること、新しい出会いがそこにはある。きっかけはブログでもTwitterでも良い。とにかく発信する。

 

自分が考えていること、思っていること、していることを発信する!

 

大学生こそどんどん発信していこう!!!!!