読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】リブセンス 生きる意味 25歳の最年少上場社長村上太一の人を幸せにする仕事 上阪徹 著

書評

皆さんはこの人を知っていますか?

 

2011年12月に25歳1か月という若さで東証マザーズへ株式上場を果たした人物です。

 

僕は誰かの伝記や、その人の過去のエピソードを読んだりするのが大好きです。今回の本も、楽しく読むことができました。

 

今回の村上太一さんについて書かれた本は伝記ではないのですが、どのような背景があって起業に至ったのかであったり、そのためにどのような行動をしたのかが書いてありました。

 

だいぶ読みやすかったです。この上阪さんという方はすごく文章力がある方だと思いました。

 

本の内容としては、村上社長が、なぜ起業するに至ったのかから物語は始まります。

 

要約してしまえば、アルバイトを地元で探そうとしたときに、なかなか良いアルバイトが見つからず、だったら自分でそれを解消できるサービスを作ってしまおうと。

 

そのような感じだったと思います。

 

行動力もすごいのですが、その前にこの村上さんは、計画力と、実行力にも長けています。

 

どのようにしたらそのサービスを作れるのかというところから始まり、そのためには自分はまず何をしなければいけないのかを考えます。

 

そして、そのやるべきことから逆算して、自分はこれからどのように行動していくのかを完全にスケジュール化します。

 

そして、村上さんはその通りに行動していくのです。

 

そして見事、ビジネスコンテストで優勝を果たします。

 

ここまでの行動力と実行力、計画力がある人間が起業するのかと本を読んで驚かされてしまいました。

 

ここまでするのか…。と思いました。

 

こうして、村上社長は念願のオフィス(優勝するとオフィスが無料で借りれる)

 

を手に入れ、そこからさらに自身のアイディアを現実のものとするために村上社長は突き進んでいきます。

 

ちなみに、村上社長は早稲田大学出身です。

 

大学受験の時も、自分は何を勉強するべきなのかを冷静に分析して受かったというので、その時から計画力と実行力は優れていたということなのですね。

 

本当に驚きです。

 

 

村上社長はどのようにして上場を果たしたのか。そこまで成し遂げることができた要因は何だったのかが分かる1冊です。

 

起業を考えている人や、高校生にもおすすめの1冊です。