読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

せどりの流れをアルバイト以外で稼ぎたい大学生の僕が教えるよ。

スポンサーリンク

せどりって何だ!!!!!!!!!

 

というところからこの話は始まる。

せどりとは要するに、商品を買った価格より高い値段で売って、その差額で儲けることである。

 

では、そのせどりはどうやって始めればよいのか?というわけで、僕がせどりの簡単なやり方と、その流れを解説していこうと思う。

 

 

1-1 せどりすとをインストールして使う。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170405140015j:plain

せどりすと - Orela.org

 

せどりすとというアプリをあなたはしっているだろうか?このアプリは、商品のバーコードを読み取ると、その商品がAmazonやヤフオクでどのくらいの金額でやり取りされているかを教えてくれるアプリである。

 

僕は古本のせどりをしていた時に、このアプリを使っていた。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170405140653j:plain

アプリを開いた画面はこんな感じである。使い方は、

netdekasego.com

こちらを参考にしてほしい。

 

簡単に説明すると、まず真ん中に「企業研究・インターンシップ・事前調査」(就活まとめるノート)というものが表示されている。

 

そこに、粗利 ¥1478 と書かれている。

 

これが何を表しているかというと、1478円以下であなたがその商品を仕入れたならば、1478円ーその仕入れた商品の価格=あなたの利益になりますよ~ということを表しているのである。

 

例えば、僕がこの商品を500円でブッ〇オフかなんかで買ったとしよう。

 

1478円ー500円=978円 なので、僕がこの商品を500円で仕入れたならば978円の利益となるわけだ。

 

この、商品の差額を教えてくれるのがせどりすとというアプリなのである。

 

ちなみに僕はせどりすとProというものを使っている。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170405141534j:plain

これからせどりを始めてみたいなぁという人は、せどりすとProの購入をおススメする。

 

邪魔な広告も表示されないし、早いし、画面が無料版よりも格段に見やすい。無料版だと、エラーが頻繁に起こる。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170405140015j:plain

せどりすとプロ - Orela.org

 

なので、確実にせどりすとProの購入を僕はおススメする。家にあるバーコードを片っ端からスキャンしていくのが楽しい。ぜひ、楽しみながら稼げる商品を探していってほしいと思う。

2-1 仕入れた商品の販路は?

f:id:s-snowdrop-find-my:20170401165719j:plain

さぁ、ここで仕入れた商品はどうやってどこで売ればよいのだ?という問題が生じてくるはずだ。

 

というわけで、仕入れた商品をせどりで稼いでいる人たちはどうやって売っているのかを教えたいと思う。

2-2 アマゾンセラーセントラルを使う

 

Amazonは、個人でも出品ができるということをあなたは知っていただろうか?

 

services.amazon.co.jp

Amazonは実は案外簡単に個人でも出品することができるのである。がっつりせどりで稼いでいる人は大口出品ってやつを使っている。(月額4900円かかる

 

僕なんかはそこまでがっつりではなかったので、小口出品を使っていた。(月額無料。そのかわり、1商品につき100円の手数料がとられる

 

せどりすとは主にAmazonを使うことを仮定して作られたアプリなので、初心者の方はまずこのアマゾンセラーセントラルに登録することをおススメする。

 

310imo.com

さといもさんのブログが分かりやすくてよいだろう。

 

これで販路を1つ確保することができた。あなたの家にあるものでも、仕入れたものでも、Amazonならたいていは売れる。ぜひ、活用してほしい。

2-3 ヤフオクを使う。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170405144533p:plain

Yahoo!プレミアム

 

ヤフオクを知らない人はほとんどいないのではないかと思う。ヤフオクは、せどりをする上では絶対に欠かせない販路の一つである。

 

ヤフオクは、せどりの商品を仕入れるのにも、逆にその商品を売るのにもものすごく役立つ。

 

僕も、300円で仕入れた本が2600円で売れていったときにはかなり驚いた。それもオークション形式の楽しみの1つでもある。

 

Yahoo!プレミアム

 

ヤフオク出品への登録の仕方については、

yahoo-navi.com

こちらの方がとても丁寧に解説してくださっているので、ぜひとも参考にしてほしいと思う。掘り出し物も見つかるし、何よりもオークションを見ていてとても楽しい。

 

ヤフオクは、仕入れ先にも、商品を売る場所にもうってつけである。これからせどりをしようと考えているのならば、確実使うべきである。

 

2-4 ブクマ!を使う

f:id:s-snowdrop-find-my:20170406114819j:plain

ブクマ! - 本をフリマ、オークションで出品できるフリマアプリ - Labit Inc.

 

こちらのブクマ!というアプリをご存じだろうか?

 

僕はこのアプリがリリースされた当初から使っているのだが、非常に使い勝手が良い。

 

いうなれば、「本のフリーマーケット」である。本のメルカリといってもよい。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170406114935p:plain

このような形で、出品者によって本が出品されている。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170406115027p:plain

購入者は、相手の評価、価格、状態などから本を判断し、購入することができる。

こちらの画像では960円だが、実際には300円ほどで多くの本が出回っている。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170406115132p:plain

出品も非常に簡単で、売りたい本のバーコードを読み取ればOKである。

 

それに、本の状態や価格をパパッと設定して出品終了。とても使いやすいアプリである。

 

もし今、手元にいらない本があるなら、試しにブクマで読み取ってみてほしい。

 

ブクマ! - 本をフリマ、オークションで出品できるフリマアプリ - Labit Inc.

 

簡単に出品できるし、様々な本があるのできっと面白いと思う。

 

今なら、招待コード 457F6 を入力すると、300円分のポイントがもらえる。

 

僕も、このポイントで本を1冊買うことができた。ぜひ、ポイントを使って、ブクマ!の流れをつかんでみてほしいと思う。

 

まとめ!

f:id:s-snowdrop-find-my:20170401174856j:plain

さて?いかがだっただろうか?

 

簡単にだが、せどりの流れはつかめただろうか?

 

流れとしては、

 

商品を仕入れる(せどりすと、せどりすとProを使用)

商品を販売する

 

この2つである。

 

しかし、価格差を見つけることが難しいので、このサイトを使うのが一番早い。

オークファンを使えば、あなたが使っているそのスマホが、読んでいる本が、一体いくらでやり取りされているのかをすぐに把握することができる。

 

オークファンも上手に活用して、初めてのせどりがうまくいくことを願っている。