読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

大学生の授業って一コマ当たりいくらなのか?大学生の授業の単価を調べてみた。

スポンサーリンク

f:id:s-snowdrop-find-my:20170401174856j:plain

学費が高い!!!!

 

僕は今現在私立の大学に通っています。私立の大学に通っていて思うのは、「学費が高い」ということです。

 

年間100万円以上かかります。教科書代金などはこれから出す数字には含まれてはいないのですが、様々な諸経費も含めたらおそらく100万~150万くらいの間まで行くと思います。

 

しかし、それらをまとめてみると単純に高い!!!!!という感覚だけで終わってしまいます。しかし、僕はさらにここから掘り下げて、「大学の授業は1コマ当たりいくらなのか?」というところまで計算したいと思います。

 

そうしないと、自分が受けている授業のありがたみを実感できないはず。それではいってみよー

 

 

STEP1 自分の所属している学部学科の1年間の授業料を出してみる。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170329144334j:plain

さぁ、まずは最初のステップです。自分の通っている大学の授業料を出していきたいと思います。

 

これは、自分の通っている大学の公式サイトを調べればすぐに出てきます。僕の通っている大学は、年間で118万7000円の授業料がかかるそうです。

 

高いですね‥。

 

自分の大学の1年間にかかる授業料をまずは把握しました。それでは次に、一体自分は何日間大学に通うことができるのかを把握したいと思います。

 

STEP2 大学の開校日数を把握する

f:id:s-snowdrop-find-my:20170401172613j:plain

いくら大学に行きたくても、大学がやっていなければ話になりません。

 

一体何日間大学に行って授業を受けることができるのかを把握したいと思います。

 

僕の学校の場合、

 

春学期 105日間

 

秋学期 108日間

 

だそうです。

 

105日間と108日間。合わせて213日間が僕が大学で授業を受けられる日数です。約3分の2くらい大学に通うことができます。

 

STEP3 自分が1年間に取ることのできる単位数を把握する

f:id:s-snowdrop-find-my:20170318212823j:plain

さぁ、その次は単位数の把握です。おそらく、大学生は皆、自分が大学から定められた1年間に取得することができる最大単位数をとる大学生がほとんどだと思います。

 

僕の学校の場合、1年次に取ることのできる最大単位数は40単位です。

 

今回の場合、1年次だけを参考までに出してみたいと思います。ここは、学校によってバラバラなようです。

 

STEP4 授業1コマの時間と全授業回数を把握する。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170329050450j:plain

さぁ、ここまでで1年間にかかる授業料、自分が授業を受けられる日数、1年間に取ることができる最大単位数が分かりました。

 

ここから計算に入ります。計算式が嫌いだ!という方は、この項目を読み飛ばしてください。それではいきます。

 

40単位を取得する場合、1つの授業=2単位としたら、20の授業を受けなければなりません。

 

しかし、僕の学校は、英語と第二外国語の授業は、春秋を通して2単位しかもらうことができません。春1単位、秋1単位です。

 

そしてその授業は3つあります。全部合わせて6単位です。

 

式にすると、6(言語系科目の数)×0.5(もらえる単位数)×2(春学期と秋学期)=6(取得単位数)

 

こうなります。

 

そして、後の17つについては、

 

17(一般科目数)×2(もらえる単位数)=34

 

という結果になります。ここで春学期と秋学期が計算されていないのは、一般科目は1つの学期で単位が2もらえるからです。よって、合わせて6+34=40単位となります。

 

1コマ90分で、期末試験までに授業は15回あります。

 

そして、40単位を取得するために必要な時間数は、90(分)×15(回)×23(春秋の授業のコマ数)=31050分

 

となります。

 

これを時間換算してみましょう。

 

31050分÷60分=517.5時間

 

これで、1年次に40単位を取得するためには、517.5時間分の授業を受けなければならないということが判明しました。こうやって数にすると、とても長い時間を費やしているように見えますね。

 

さて、最後の段階です。最初に示した授業料から、この時間を割ってみます。

 

STEP5 授業料から総時間を割る

f:id:s-snowdrop-find-my:20170401175500j:plain

さぁ、最後のステップです。まとめます。

 

授業料118万7000円÷517.5時間=2293.7

 

という結果が出ました。

 

僕が受けている授業は、1時間あたり約2294円の価値があるようです。

 

時間換算すると恐ろしいくらい高いように思います・・・。

 

1コマ当たりの値段は、2294×1.5=3441円です。

 

そのお金を返してくれよ・・・なんて思ってしまいました。

 

まとめ!

f:id:s-snowdrop-find-my:20170401172958j:plain

この金額を高いと思うか、安いと思うかは個人個人違うと思います。

 

しかし、この1時間当たり2294円もかかっているという事実は、僕自身きちんと実感しなければならないなと思いました。

 

1コマ休めば、3441円の損失です。

 

学費を払ってくれている親のためにも、大学にきちんと行こうと思いました。

 

そして、大学に、本当にこれほど学費を払う価値があるのか?ということも同時に疑問に感じました。

 

1コマ休講=3441円の損失です。果たして、大学の教授はそれを意識しているのでしょうか?そして、大学はここまで高い学費を払ってでも行く価値があるところなのでしょうか?

 

僕には謎で仕方がありません。その答えが出るように、僕は今日も頑張っていきます。