読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

【書評】ダイレクト出版のインターネットビジネスマニフェストを読んでみた。

スポンサーリンク

f:id:s-snowdrop-find-my:20170427173050j:plain

インターネットビジネスマニフェストって知ってますか?

 

これです。

http://directlink.jp/tracking/af/1478074/ab00CDiV/

 

ブロガーの方だったら多分知ってると思うのですが、keitaさんという方がいらっしゃいます。そのkeitaさんという方がこの本を薦めていたので、注文して読みました。

 

内容についての感想は、「読んでよかった」と思います。

 

多くの人がチャンスをいつまでも待っている

f:id:s-snowdrop-find-my:20170427174904j:plain

多くの人が、いつまでもチャンスを待っています。そして、「チャンスを待て。そのチャンスが来た時に全力で行動するのだ」と教えられます。

 

皆さんはいい子なので、その通りにチャンスを待ちます。そして、そのチャンスがきた!と思った時に全力で行動するのです。

 

でも、これでは成功できません。これは僕が見ただけではなくて、この本の作者もそういっています。「このような人は成功をつかめない」と。

 

成功する人はチャンスが来たら積極的に動こうとするような人ではなくて、「戦略的に行動できる人」だと述べています。

 

自ら戦略を立てて、それに沿って行動できる人だと。チャンスを与えられるのを待つのではなく、チャンスを作り出せる人なのだと述べています。

 

自分のやろうとしてるビジネスはあなたの強みを活かせているか?

あなたは、「自分の強み」と聞かれたら何を想像しますか?ほとんどの人は即答できないはずです。僕も咄嗟に聞かれたら答えられないと思います

 

強みとは、

 

生まれ持った才能+経験+教育+技能=強み

 

なのだそうです。

 

これは僕も知りませんでした。

 

しかし、この考え方に当てはめると、僕が今までやってきた野球というのはこれにうまくあてはまると思います。

 

才能+経験+教育+技能=強み。

 

全部野球に当てはまります。

 

そう考えると、野球の家庭教師を始めたのはだいぶ理にかなっているなと感じたわけです。だってこれらの項目をすべて満たしていますから。そりゃやらなきゃだめだなと思ったわけです。

 

それと同時に、これらの強みに対して、情熱を注げるかどうかが大事です。その仕事を情熱的にできないようであれば、あなたがそのビジネスを続けたとしてもうまくいかないだろうと述べています。

 

そのビジネスに信念を持って取り組めるのか。そういうところが大事なのだと今一度再確認させられたような気持ちになりました。

 

まとめ

自分自身が情報弱者になりたくなかったら、絶対に1度は読んでおくべき本だと思いました。大学に入ったら、情弱を狙って様々な人たちが声をかけてきます。

 

そういう人たちに騙されないように、自ら学んで、判断していく必要があるなとこの本を読んで再確認しました。

 

http://directlink.jp/tracking/af/1478074/ab00CDiV/

 

今なら送料のみ負担で、3000円→0円になってます。